なるべく親族から選ぶ # Professional Renting Housing

なるべく親族から選ぶ

親族の方が関係性が切れにくい

賃貸物件に引っ越したいと思ったら、入居時に審査が必要になります。審査は不動産会社が行い、その審査基準は物件のオーナーによって厳しさは異なります。しかしながら現時点では、ほとんどの物件で保証人が必要となっています。やはり物件オーナーも家賃を滞納されるなど、支払ってもらえない状況を1番避けたいからです。

そして保証人に選ぶ相手は、やはり親族の中から選ぶ事をお勧めします。その理由は仲のいい友達であっても転勤や結婚を機に、物理的な距離が生じてしまうと疎遠になってしまう事があります。親族であれば、物理的な距離が生じても、冠婚葬祭など親族が集まる席で定期的に顔を合わせる関係なので、疎遠になりにくいからです。

また万が一関係性が悪くなった時、一度音信不通になると友達の場合は、なかなか連絡先を辿る事は大変です。しかし親族であれば、他の親族に尋ねれば、連絡先を知る事が容易です。

いざという時に助けてくれる相手

賃貸物件の保証人になるという事は、契約者が家賃を支払えなくなった時に、肩代わりして家賃を支払わないといけない可能性があるという事です。「お金の切れ目が縁の切れ目」なんてことわざもありますが、普段どれだけ仲良くしている友達であっても、金銭トラブルが関わってくると簡単に関係性は壊れてしまいます。そのため友達関係を大事にしたいのであれば、保証人に選ばない方がいいでしょう。

親族であっても、金銭トラブルが関わると関係性は悪くなります。しかし血が繋がっている親族だからこそ、血縁関係は一生切れる事はありませんし、親族が窮地に陥っていたら見捨てる訳にはいかず、いざという時に助けてくれる相手だと言えます。そのため賃貸物件の保証人に選ぶなら、親族の中から選ぶ事をお勧めします。