収入が大きく影響する # Professional Renting Housing

収入が大きく影響する

大家さんは家賃を払ってもらえるかを一番心配する

入居審査において大家さんが何を一番気にするのか、という点は一般の間で長く議論されてきました。例えば入居申し込み者の人柄が重視され、隣人トラブルを起こしそうにない人や反社会勢力とは関係なさそうな人なら収入が低くても審査に受かりやすいという噂があります。一概には言えないものの基本的にはそんなことはなく、大家さんは「家賃は本当に払い続けられるのか」という点を一番気にする傾向です。そういった意味で、所得証明書類を通じて家賃をずっと支払っていける事を証明しなくてはなりません。ちなみに、家賃が月収の1/3以内に収まる場合は入居審査に通りやすいといわれています。確実に入居審査を通過したい場合は、月収の1/3以下の家賃設定となっている物件に絞って探す事をおすすめします。

自営業者からの入居申し込み

公務員として働いている場合や売上高が安定している大企業に務めているような場合は、収入の安定性を問われる事はありません。一方、自営業者はプロスポーツ選手の年俸が一年で急激に変動する事でもわかる通り、収入が不安定です。その点が大きなネックとなり入居審査に通らないという事態も数多く起こってきましたので、起業するにあたっては入居審査に通りやすい分野の事業を興す事をおすすめします。ちなみに、もし収入の安定性を証明したい場合は確定申告書等の所得証明書類と併せて銀行の通帳を不動産会社まで持っていくようにしてください。不動産会社の担当者に数年間に渡って安定した収入を得られている事をわかってもらえれば、それが大家さんに伝わり審査に通過しやすくなる可能性があります。