保証人を誰にするかが重要 # Professional Renting Housing

保証人を誰にするかが重要

保証人も審査に影響する

賃貸住宅の入居審査では、契約者だけでなくて保証人も審査の対象になります。もし、契約者が審査基準を無事にクリアしていても保証人が審査基準をクリア出来なかった場合は、入居審査に通らない可能性が高いです。つまり、保証人は誰でも良いというわけではなくて審査基準をクリアできる人を保証人にする事が重要です。また、契約者が審査基準をクリア出来ていなくても保証人の収入が高く審査基準を大幅にクリアしている場合は無事に入居できる事もあります。

このように、保証人を誰にするかで大きく審査に影響してくるので、出来る限り高評価をもらう事が出来る人を選びます。また、基本的に親族の方が良い評価をもらう事ができるので、友達よりも親を保証人に指名する事が重要です。

収入と信用情報に問題がない人を保証人にする

賃貸住宅の審査では、誰を保証人にするかで迷う事があります。そこで、収入と信用情報に問題がない人を選びます。収入が多い方が当然高い評価をもらう事が出来るので、収入の高さを一番意識する事が必要です。また、賃貸住宅の審査では、クレジットカード会社が絡んでいる事もあります。不動産屋の中には賃貸料の回収をクレジット会社にお願いしている事があり、この場合は信用情報に問題があると審査に通るのが困難です。つまり、信用情報に問題がない人を保証人にする必要があります。

過去に債務整理をしたり、ローンやクレジットカードの返済が遅れた事がある人は、信用情報にその点が記載されている可能性があります。そこで、債務整理や延滞などをしたことがない人を保証人にする事がポイントです。

札幌北区の賃貸物件は地域の性質上、集合住宅が割合の多数を占めています。北区は札幌市の中では住宅の割合が多く、ベッドタウンとしての側面があるためです。