Professional Renting Housing

賃貸住宅を借りる時には、基本的に入居審査をクリアしなければいけません。これから賃貸入居審査で大事になるポイントや保証人の選び方についてお話します。入居審査についての知識を身に付ける事によって審査の万全な準備が出来ます。

賃貸住宅の審査ポイント

賃貸住宅を借りる時には、入居審査を受けます。入居審査ではいくつか重要なポイントがあるのでこれからお話します。今からお話するポイントを把握しておけば審査で何が大事になるのかを把握する事が出来るので参考にしてくださいね。

保証人の選び方について

賃貸住宅の入居審査を受ける時には、保証人を準備しなければいけないことが多いです。保証人も審査の対象となり、誰を保証人にするかによって大きく審査に影響してきます。そこで、これから保証人の選び方についてお話します。

冬の札幌の賃貸探しについて

札幌の賃貸を探す際、暖房費がウェイトを大きく占めることでしょう。プロパンガスと都市ガス、それぞれメリット・デメリットがあるので、必ず事前に調べましょう。

信用情報に問題がない人がおすすめ

信用情報の書類にはどんなことが書かれている?

若年層(特に高校生以下)の中にはまったく知らない人がいないとも言われますが、国民一人一人の信用性に関する情報は個人信用情報機関に登録されています。なお、一人一人が個人信用情報機関に対して内容照会を出来るため、どんなことが書かれているのかはよく知られている事です。例えばクレジットカードの限度額や支払い状況・キャッシングの残高などが記載されており、支払いの遅れなどがあったらそういった情報もわかってしまいます。また、保証人の住所・勤務先・配偶者名といった事も記載されますので、入居申込書の保証人欄には必ず正確な情報を書かなくてはなりません。支払い遅延や違反行為によりクレジットカード・銀行口座などを強制的に解約されてしまったような場合は、そういった情報も掲載されます。

どんな人を保証人にすると問題?

せっかく入居申し込み者の信用性に問題がなかったとしても、保証人の信用情報に問題があったら入居審査に落ちてしまう恐れがあるので注意してください。ではどんな人を保証人に選ぶと問題になるかというと、まずは保証人が多額の借金を抱えていて返済も進んでいないケースです。このケースだと、入居申し込み者の年収が高くて信用情報もクリアだったとしても保証人が抱える問題により家賃が安い物件でも審査に落ちる可能性があります。また、借金がまったくなかったとしてもクレジットカードの支払い遅延が続いているようなケースにおいては審査に落とされる可能性があるので要注意です。そのため、保証人を選ぶにあたっては収入が安定していて借金がない事を第一条件として考えてください。